スパム

SEOを行う際に特に気を付けておかなければならない事にスパムがあります。このスパムとはいったいどの様なモノなのかSEOとの関係はどういったモノなのか見ていきましょう。

スパムとは何か?

スパムというのは、元々はメールなどを大量に送りつけたりする行為の事を言っていたようです。 迷惑メールなどをスパムメールという風に聞いたりした事がありませんでしょうか。

検索エンジンがサイトを評価する時に「アルゴリズム」というモノを基準にして評価します。そのアルゴリズムを悪用して順位を操作しようとする行為の事をスパムといいます。こういった流れから検索エンジンに対して騙しながらSEOを行うといったモノも検索エンジンスパムと呼ばれるようになったのでは無いかと思います。

これは正直なところいったいどのようなモノと聞かれると、すぐには答える事ができません。というのも様々な種類がありますし、どういったモノがSEOで有効で何がスパムになるかというのも紙一重の部分があるからなんです。

しかしこれを知っておかないと、あなたのサイトもとんでもない事になってしまうかもしれませんので、SEOをする際には知っておきましょう。

スパムのペナルティー

ではSEOを行っている時にスパム行為をしてしまうといったいどのような罰、つまりペナルティーが待っているのでしょうか。

このスパム行為には重い重いペナルティーが待っています。それは検索エンジンの順位の下落です。SEOを行うのは検索エンジンに自分のサイトが上位表示されるために行うモノです。これが下がってしまうと言うことは、せっかく改善のために費やした時間も無駄になりますし、サイトの順位が下がっているということは、その期間はお客さんやサービス利用者の目にも付きにくくなってしまいます。SEOの意味が無くなってしまいますね。

しかし、この順位の下落だけがスパム行為のペナルティーではありません。極端なSEOばかり行っているとこれ以上のペナルティーを科せられる場合もあるのです。

それが検索エンジンからの削除です。順位が下がってしまったのなら、まだ色々と試行錯誤しながらサイトを改善していき、順位を戻す事もできますが、削除されてしまってはどうにもできません。しかもこれはページだけを削除する場合と、酷い時にはドメインごと削除されるといった事もあるようです。

このペナルティーは、どれも厳しいモノだとは思いますが、ドメインの削除はかなり厳しいモノでは無いかと思います。個人の趣味の紹介サイトならともかく、店舗や会社のサイトがスパムで検索エンジンから無くなっていたら、それこそ今までのインターネットでのお客さんが全くのゼロになってしまいますし、新しくホームページを作ったとしてもゼロからリンクを貼ったり、サイト自体を宣伝していかなければならないという事になってしまいます。

スパム自体のペナルティーよりも大きな被害になってしまうのは火を見るより明らかですね。そういった意味でもSEOを十分に気を付けて行わなければいけません。